• 基本はお刺身をわさびと醤油でシンプルに。まさにお造りの王道。
    脂ののった「とろ」はわさびをたっぷり付けても大丈夫。脂分がわさびの辛さを、中和するのでとろける食感とわさびの香りを思いっきり楽しめます。
  • 炙り。脂ののった「とろ」は、サッと表面を炙ってよけいな脂を落とし、わさび醤油、ポン酢であっさりと。
  • まぐろをだし醤油につけた「づけ」も有名。
    だし醤油の濃さにもよりますが、あまりつけすぎない様、市販の「づけだれ」には短時間つけ込むだけで、本格的な「まぐろづけ」が楽しめる物もあります。

  • まぐろの赤身を薄くスライスしオリーブオイルをかけてカルパッチョ。
    サラダドレッシングで味付けしても食が進みます。
  • イタリア料理風に。まぐろの赤身をフライパンでオリーブオイルを使ってさっと表面だけを焼き上げます。(中が生のままがいいです)
    お好みによりニンニクスライスで香りを付けるとよりイタめし風に。
    2cm角のさいころ状にカットしお好みのソース(醤油でも)でお召し上がり下さい。
    温かいご飯の上にのせ、溶いた生卵(醤油味がオススメ)をかけても美味しいです。

  • まぐろの赤身を薄くスライスしオリーブオイルをかけてカルパッチョ。
    サラダドレッシングで味付けしても食が進みます。
  • イタリア料理風に。まぐろの赤身をフライパンでオリーブオイルを使ってさっと表面だけを焼き上げます。(中が生のままがいいです)
    お好みによりニンニクスライスで香りを付けるとよりイタめし風に。
    2cm角のさいころ状にカットしお好みのソース(醤油でも)でお召し上がり下さい。
    温かいご飯の上にのせ、溶いた生卵(醤油味がオススメ)をかけても美味しいです。