大阪黒門市場マグロ専門店!まぐろのエン時:マグロの豆知識:まぐろについて

大阪黒門市場マグロ専門店!まぐろのエン時
大阪黒門市場マグロ専門店!まぐろのエン時:まぐろについて

マグロの名称・・・
マグロの名称は、江戸時代に、海面から「真っ黒」な背中を出して
泳ぐ姿を見た漁師が名付けたのに由来します。

マグロは、全世界の外洋域に生息しますが、種類によって分布域や生息水深が少しずつ異なります。
マグロは肉食性であり、表層・中層性の魚類、甲殻類、頭足類などを補食します。
海洋の食物連鎖においてはクジラなどと並ぶ高次の消費生物です。

マグロの呼吸・・・
海中では口とエラふたを開けて遊泳し、ここを通り抜ける海水で呼吸します。
泳ぎを止めると窒息死するため、たとえ休息時でも止まる事ができません。
そのためマグロの一生はほぼ全てを泳ぎ回って生活するので、
筋肉がよく発達しており、この筋肉に酸素を運搬する役割を担うヘモグロビンなども多い。
ヘモグロビンは赤色のタンパク質のため、まぐろの身は赤身を帯びています。
新鮮なマグロの身は色が鮮やかな赤身を帯びているが、黒味がかかると鮮度が落ちていることになります。

一匹の鮪から採れる肉の量はざっと2千人分!
成育した本マグロは、体長2〜2.5メートル、体重300キロ前後になりますが、
マグロは全身の70%が筋肉や脂身からなるため、
一匹から採れる肉の量は200キロ前後になります。
大人が食べる刺身の平均を100グラムと仮定すると、ざっと2千人分です!

マグロ料理の第一に寿司と刺身が挙げられますが、しゃぶしゃぶやステーキなども人気があります。
また、祝宴にはカブト焼き(マグロの頭を焼いた料理)もテーブルに似合う料理です。

マグロの需要が国際的にも増加
マグロは、国内の漁業だけでは需要をまかないきれませんので、
世界各国から大量に輸入しています。
また、海外では特に近年、中国で日本食の人気が高まっており、中国向けの漁業が急増し、
マグロの需要は国際的にも増加しています。
そのため世界中での乱獲が問題となり、国際的な資源保護が叫ばれています。
資源確保と環境保護のため、昨年の国際会議で相次ぎ漁獲規制を強化することが決まり、
一部の種類で日本の漁獲量が削減することになっています。
株式会社エン時【黒門市場まぐろ専門店】
〒542-0073 大阪府大阪市中央区日本橋1-21-7
TEL:06-6643-2889 FAX:06-6646-3701
Copyright 2008 Entoki.co.,ltd All right reserved.